卒業生の写真

卒業生の体験談

 みなさんの喜びの体験談です

メダカの学校の堂場で自然療法を実践することによって、アトピーを克服された方々の体験文です。
大変な苦しみ、アトピー歴30年40年絶望の苦しみから 社会復帰された方々の生の声、
喜びの声を聞いてみてください
ここに掲載された皆さんは、アトピーで苦しんでいる方々に勇気や希望を、そして役立ちができればと、
写真を提供してくださいました。

                     深い深い感謝です。ありがとうございます。

                                  ( それぞれの見出しをクリックすると開きます )

お化けのような顔の息子 出口が見えず辛い毎日 メダカの学校でピカピカになりました

メダカの学校を知る前

Taiken_m05_1R.jpgimage9219.jpgimage9419.jpgimage9519.jpg
 環太= 2 0 1 3 年1 月までステロイドを使用。全身のムクミが酷くなり薬を中止。
一時症状は安定していたが3 月中旬から悪化、良くなったり悪くなったりを繰り返し… 現在最悪。顔が化物のようになる。全身に発疹、特に顔、関節部。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_m05_2R.jpg
そんな時、メダカの学校を知りさっそく入校、5 日間お世話になりその後もどんどんきれいに何でもおいしく食べられるようになり今現在はピカピカ。親子そろって笑顔の毎日をすごしています。

東京都

LinkIconページトップへ

ステロイド歴30年 使わずにピカピカになりました

メダカの学校を知る前

Taiken_W12_1R.jpgimage31_W12_3R.jpg私は生まれた時からアトピーで、30年間ずっとステロイドを使用してきました。小さい頃はおもに手と体が中心に症状がでていて、鉛筆を持ったり、ジャンケンをしたりするには支障がでる感じでした。でも、慣れていたので特に何も考えず、そのままステロイドを使用。 最初に違う変化があったのは、会社に入社して3年目くらいの時で、靴関係の会社だったのですが、作業的な事も多かった為か、手が今までにありえないくらいに荒れ、特殊メイクをしたバケモノのような手になり、しまいには爪が全てポロッと落ちて全く無くなってしまいました。
この事により、私だけ作業的な事は免除され、ステロイドを塗って手は回復。その後の荒れ(顔・手・体)は、いつも通りだったので、そのまま今まで通り薬を続けました。 次に変化があったのは、その7年後の今年、まず夏に、足の太ももとお腹あたりが今までにないくらい荒れ、薬をぬっても治らない、腫れて、ただれて、汁が出るという状態が3ヶ月くらい続き、やっと治りかけた頃、今度は顔が腫れ、ただれて、頬と口のまわり、目のまわりだけが浮きあがっている状態になり、とうとう1月から会社を長期で休む事になりました。この頃には薬をぬってもあまり効かず、少しおさまる程度で、途方にくれていました。 妹からのススメもあって、2度ほど脱ステを試みた事がありましたが、ヒドイ顔の自分を見るのに耐えられず断念。 でも薬は効かない。どうしよう…という時に、友達の遠い知り合いの話で、メダカの事を聞き、さっそく来る事にしました。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_W12_2R.jpgメダカの人達はもっとスゴイ体験した人達を卒業させているだけあって、私の顔を見ても「ふーん」程度。逆にそれが、(え、そんなものなの?)と私を安心させてくれました。ここの卒業生の体験談を見て、絶対治ると確信させてもらいました。 食事して、パックして、散歩して、そうじして…いつ治療してるんだ?と不安になった時もありましたが、それでも日に日に良くなっていく肌を見て、食事というものが本当に体に大きく影響しているんだと実感しました。あと、ここは同じ悩みの人が集まるので、お互いにはげまし合い、競い合って治るのも、早く治る近道だと思いました。 今日でメダカを卒業しますが、むしろここからが勝負だと思うので、1ヶ月後先生に症状を見せにくるという事で、気をひきしめてガンバリます。! 堂場のみな様本当にお世話になり、ありがとうございます。ピカピカになって遊びに来ます。 そして現在私は社会復帰し以前のように仕事をこなし頑張っています。

愛知県 K・Y

LinkIconページトップへ

アトピーで悩むのは損!

メダカの学校を知る前

Taiken_m01_1R.jpg僕は3才頃から足にじゅくじゅくのアトピーが出はじめて20年間病院も5〜6ヶ所ぐらい替えながらずっとステロイドなど病院で出される薬を使っていればなおるんだと疑いもせずに使っていました。成人になってから症状が悪化してきて、だんだん病院の薬を疑うようになり、本やインターネットや人にきいたりして、ステロイドなど病院で出される薬は治すのではなく病状を抑えるためのもので、その薬が体にどんどん蓄積されてしまうなどいろいろなことを知りました。1年半ぐらい前から、脱ステロイドに挑戦して、光線治療を行う民間療法や体に害のないさまざまなスキンクリーム、半身浴などいろいろやっていましたがリバウンドにたえられなくなって、またステロイドにたよるようになってしまいました。またステロイドを使って始めのうちは症状が治まっていたけどすぐに悪化してきたため、堂場に来ることにしました。

メダカの学校との出会い

僕が堂場に来た時は、脱ステロイドのリバウンドにたえきれず再度ステロイドに頼ってしまった事もあって、全身のいたる所に炎症があって、ひふは「がさがさ」していて、汗をかいたりして、少し強くひふをかくとすぐに、かわがめくれて、キズになり、汁が出てくるという感じで汗にとても反応してしまうのと、夜、ふとんに入ってから眠りにつくまで、3〜4時間は全身かゆくてねむれないと言うのがとてもつらかったです

メダカの学校で学んだ事

Taiken_m01_2R.jpg朝おきると夜中にかいた所のキズがとてもいたくてラジオ体操するのがいつも苦痛でした。最初の1ヶ月はそんな状態がずっと続いていましたが、1ヶ月すぎたころから、少しづつだけど眠れる時間が日に日にふえてきて、今では全くかかずにねむれるほどにまでなりました。 あと便の方も堂場に来る前は3日に1回出るか出ないかぐらいだったものが、ここに来て、半月たったころから、1日1回、1日2回と、多い日には1日3回もでることがあって、毎日快便で、体の中から健康になっているんだなあと、毎日トイレの中で幸せを感じていました。 ひふのほうも1ヶ月をすぎてからぐらいから、日に日に変化がみられ、前の日にキズになっていた所が次の日にはかさぶたになり、次の日にはかさぶたがとれ、つるつるのはだになっていたりと、回復力の早さには毎日おどろかせれるほどで、今では色素沈着で黒ずんでしまっていた肌から、白くてすべすべの本当の自分の肌にもどってきていて、毎日その白くなるはんいが広がるのでうれしくてそこばかり見てしまいます。 本当にクスリなしでここまできて肌ががきれいになるなんて、3ヶ月前まで考えられなかったし、堂場では「アトピーを治した」というよりも、体を健康な状態にリセットしたって感じで、一から自分の生活習慣をこんな、環境のすばらしい所でゆっくり見直す事ができ、本当に幸せだなぁと思います。
 そして、メダカの学校に来て出会えたすべての事に感謝です。ありがとうございました。

愛知県岡崎市 S・T

LinkIconページトップへ

アトピー歴39年。数年眠れない状態が当たり前だったのが、ぐっすり眠れるようになりました

メダカの学校を知る前

Taiken_W09_1R.jpg
肌はボロボロで、リンパ液がでていた。夜は眠れず、体のきつさがひどかった。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_W09_2R.jpgメダカの学校でこんなによくなりました 昨年秋に2 泊3 日の体験をしていろんな事を考えさせられ、また体の限界も感じていたため、仕事を辞めて今回長期にメダカの学校に来ることを決意しました。 堂場に来た時は肌はボロボロで、色素沈着もひどく、体もだるくて夜も眠れない状態がずっと続いていました。でもメダカに来てから少しずつ体も肌も楽になっていきました。又1 ヶ月ぐらい経過した頃よりここ数年眠れない状態が当たり前だったのに、突然眠れるようになり、今では毎日眠れるようになりました。そのうえ先生やスタッフの方々や堂場生達から肌が白くなった、赤みがひいた、肌が前よりキレイになっているという日々の変化を教えてもらい、自分でもその変化にビックリしながら肌も体も楽になっていくのを実感しています。今では体は楽になり肌も随分と良くなり体力つけて元気になりました。 堂場での生活で、食、環境、健康への大切さ、そしていろいろな事への感謝の気持ちを本当に学ぶ事ができ、1周り成長出来たと思います。それも全部先生をはじめスタッフの方々、同じ時期にいた堂場生達のサポートのおかげです。ありがとうございました。
こんなにきれいになりました。

宮崎県 U・M

LinkIconページトップへ

必ず完治できる

メダカの学校を知る前

会社員として働いており一人暮らしであるため、外食やスーパーの惣菜での食事が多かったです。その内容も肉や魚が中心でそれにご飯などの炭水化物をつけ野菜は少し、夜はアルコールを飲むというものでした。睡眠についてはだいたい23時頃帰宅し、1〜2時頃就寝 6時半に起きていました。今にして思えば食生活はあまりにひどいものであったと自覚しております。2010年4月頃から目の下が赤くなるなどのアトピーの症状がでており、だましだまし過ごしていたのですが、2011年2月頃になって皮膚科を受診し飲み薬と塗り薬を処方されました。ほぼ即日に症状がおさまったものの薬を止めると症状が出てしまうじょうたいであり、薬からの離脱が上手くいかず、多少ステロイドへの恐怖心もあったことから薬をやめ、約1ヶ月間食事を野菜中心にアルコールを止めるという生活に切り替えました。

メダカの学校で学んだ事

メダカの学校に着き会社にいるのと違い、化粧でアトピーを隠す必要がなくなったことで、少し気が楽になりました。食事ついては自宅にて行った野菜中心のものとはその量や内容の点においてずいぶん異なるものでしたが、どれも大変美おいしく十分に満足できるもので、量が少ないと感じるものではありませんでした。また眠りについては22時消灯6時起床という生活はかゆみが強いせいかほとんど朝方にしか眠ることができない日が多くあったものの、6時起床でもあまり眠気は感じませんでした。日常、毎日働いているせいか時間をもてあましてしまうきらいもありましたが、生活に慣れるにつれ美しい景色を見ながらの長い散歩や畑での草刈りに楽しみを見出すことができるようになりました。
 アトピー症状の方はメダカに来てからの毒素排出のため顔、体ともにかなり強く症状が出、辛い気持ちになることもしばしばありましたが先生のアドバイスくださるとおりにすると目に見えて変化がありました。 こちらに滞在させていただき非常な心の変化がありました。お世話をして下さるスタッフの皆様、自らの家族への感謝の気持ちが日々、毎時間心に生まれるようになったことです。これまで社会人として一人前に生活してきたつもりになっていましたがそれは単に利己的に暮らしていたにすぎず、周りの多くの方々に支えられてきたのだとわかりました。皮膚の状態がどのようなひどい様子になっても、先生に「大丈夫」と言っていただくだけで安心することができました。皆様本当にお世話になり、ありがとうございました。
今は、こんなにきれいになりました。

H・A

LinkIconページトップへ

皮膚だけでなく、臓器もボロボロ。今はすっかり元気になりました

メダカの学校を知る前

Taiken_m03_1R.jpg高校に入学して数ヶ月もしないうちに、私の顔には以前とは比較にならないほど吹き出物「ニキビ」が広がり、それらがつぶれた痕で表面は凸凹になり、しまいには頭皮に膿がたまり切開せざるをえない事態にまでなったしまいました。急激に生活サイクルが変化したと同時に食生活の乱れが著しくなり体に負担を強いた結果が、もともと弱い部分であった表面の皮膚に一気に現れてきたのです。身体面での健康が大きく損なわれたことは、やがて精神面にも悪影響をおよぼしました。 心身ともに疲れた状況では他人への思いやりや感謝の気持ちが希薄になっていくとともに、ささいなことでもすぐに腹をたててしまうなど、充実感を感じることのない状態が長く続くことになってしまったのです。

メダカの学校との出会い

このままではいけないなという思いが徐々に強くなっていたとき「今のうちに体をちゃんと治しておかかないと苦労するのはあなただよ、ここに行ってみることを考えたほうが良い」と母に強く勧められたのがメダカの学校でした。遠藤先生が沖縄で講演された際に「いつか行ってみたい」と母が持ち帰ったパンフレットに載っていた重度のアトピーの方の綺麗になった姿に衝撃を受け、堂場にお世話になることに決めました。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_m03_2R.jpg堂場での生活はいろいろな学びにあふれていて、私自身食事の際に遠藤先生が話されていた事から多くを吸収しようと、いつも自分のことだと思って聞いていました。その中でも感謝の気持ちを忘れないということは「今生きているこの瞬間で当たり前のことなんて一つもない」という遠藤先生のおっしゃった言葉とともに印象深く残っています。堂場に来るまでの私は常に周りと比較し自分を見失っていました。ありのままの自分を素直に認めようとせず、自分にないものを望み不平不満ばかりが口をついていたように思います。自分が多くの人に支えられているというまぎれもない真実に心から感謝の思いを抱くことができました。感謝の気持ちを持つことは食事に対しての考え方や意識を根本から変え物事に対する姿勢にも変化を及ぼすようになったと感じています。 自然の中で規則正しい生活を送ることで得られるものの大きさを感じないことはひと時もありませんでした。 自分がより良い人生を送るためのヒントが得られたのではないか、ここで学んだ多くのことはこれから先いつまでも大切な財産になると固く信じています。本当にありがとうございました。

沖縄県 T・Y

LinkIconページトップへ

重度のアトピー、重度の血尿、たんぱく尿色々な病気がうその様に治りました

メダカの学校を知る前

Taiken_W03_1R.jpg娘二人がアトピーで、特に次女(当時10歳)が酷く、1歳3ヶ月から苦しめられてきました。皮膚が黒ずみ大食いなのにガリガリ。夜眠れず、学校も休みがちでした。漢方などあらゆることを試してきましたがどれも効果はありません。私たちは知人に貸して頂いた「助けて!アトピー」の本を通じてメダカの学校を知りました。

メダカの学校との出会い

そんな中、この本を読んで、直感で「これしかない」と感じました。次女は小五の時、アトピーを完治させる為、学校を休んで堂場に泊まることにしました。私は家に帰り、次女一人お世話になることになりました。 遠藤先生をはじめとする皆様の愛情に守られ、堂場で一人過ごすことにより、色々な事を学び、その3ヶ月の後、次女はアトピーを克服できました その間に担任の先生も堂場まで行かれ「学校は休んでいいから、アトピーをしっかり治してね」と応援してくださいました。彼女はこの運命の3ヶ月を多くのかたに助けて頂きながら人生一度きりのアトピーを治すチャンスを生かすことができました。また、長女(当時13歳)も同じ時期重度の血尿、たんぱく尿で苦しんでおりましたが「メダカで絶対に治る」という気持ちを持ったら1週間でケロリと治り、その後再発することはありません。部活も、ドクターストップがかかっていましたが、すっかり元気になり、テニスの県大会に出場するまでになりました。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_W03_2R.jpg初めての半断食は、私の誕生日で一生忘れられないものになりました。というのも、3日目から頭痛が起こり、帰宅後、甲状腺が腫れ39度の熱が出たのです、目の下に赤いくまができ、すごい顔になり、まっすぐ歩けませんでした。こんな症状が2ヶ月続きました。そして遠藤先生の電話。「 大丈夫?今回は病院に行ったら?」と言ってくださいました。「いいえ、私はメダカで治ると信じています」と、はっきり答えた事を覚えています。「アハハ。そういう人は治るわ」二人で爆笑しました。翌日、右足の付け根にあったグリグリから膿が出て体がスッキリしました。病院に行かなかったため、どんな病気だったか分かりませんが、本当に素敵な誕生日プレゼント神様から頂いたと感謝しております。そして現在(5年後)相変わらずメダカ1本の生活です。小さくて弱々しかった次女は中学3年間で22センチ背が伸び、健康そのものになりました。親子3人めったに風邪もひかず、元気に過ごさせていただいております。78歳になる母は肌はピカピカ。髪染めを止めて一旦は白髪になりましたがどんどん黒くなっています。病気は全くなく、60歳の時、喘息の薬の副作用等で寝たきりだったのが嘘のようです、元気綺麗なお婆さんと言われ喜んでおります。私たち家族はメダカと出合い、人生が素晴らしい方向に変わりました。

岐阜県 T・K

LinkIconページトップへ

10日間でキレイになりました

メダカの学校を知る前

Taiken_W11_1R.jpg私は一度3年くらい前に堂場に10日間いました。その時からメダカ自然療法を毎日欠かさずしていました。ところが、半年くらい前から仕事が忙しくなったり、プライベートでも何かと忙しくなったりで生活が不規則になり食生活もみだれ、睡眠も少なかったりの日々を送っていました。たまたま去年の夏に先生にお会いできた時に「これ以上ヤルとだめだよ」と忠告を受けていたのですが、なかなか生活を治すことが出来ず、周りの人達に流されてしまい、不規則な食生活もみだれたままで生活をしていました。 自分でも「本当にヤバイッ!」と気付いた時は、メダカ自然療法の増量で対応したり、食を少し変えていったのですが、だんだん悪くなるばかりで遅かったのです。私の顔は(顔だけですが)今までに経験のないくらいの腫れ、汁は出てくるし、初めてヘルペスも出てしまいました。自分の顔を見て、すごく恐かったです。不規則な生活や食生活のみだれが自分の体を本当にダメにすると気付くことが出来凄く反省しました。堂場に来る前から熱が39度以上も出たりしました。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_W11_2R.jpg堂場に10日間お世話になることになりました。前にも言いましたが、一度この堂場に私が来た時とは違ういろいろな体験をし、学びました。「食」のことは前からわかっていましたが、以前は料理をすることがなかったので、今回はいろいろな料理方法を教えてもらいました。(今家で活躍中です) あと、今回は畑を手伝うことが出来ました。滞在期間は短かったのですが、心のこもった野菜をみんなに食べてもらい、感謝の気持ちで水撒きをしたり、草むしりをしたりと自分なりに畑仕事をやりました。野菜を作っている人の気持ちがすごくわかり、すごくありがたく感謝の気持ちでご飯などをいただけましたので、すごく美味しかったです。「食」って本当に大切だと実感しました。 また、いろいろな人達とも出会うことができ、心のあり方などをいろいろと教えていただけました。大変勉強になり、すごく感謝です。 こんないい機会をいただけて本当にアトピーに感謝です。だって、私がアトピーになったから、こうしていろいろな方と接する機会をいただけたのですから。これからも、「自分だけが助かりたい」と思うのではなく、いろいろな悩みを持った人達に、メダカのことを知ってもらいたいし、教えていきたいです。少食にすることがどれだけ身体にいいことか。“毒は体に入れない、付けない、排泄する”私は大切なことを社会の中の生活で忘れていました。また、いちだんと成長できた気がします。仕事をしながら少しずつでも、心をプラス思考に頑張っていきたいと思います。

愛知県 S・I

LinkIconページトップへ

アトピーと向き合っていた時よりも、心も楽になって

メダカの学校を知る前

Taiken_W10_1R.jpg2 1年1月1 日から、1 5年程顔に塗ってきたステロイドを中止して、6 ヶ月程でだんだんきれいになってきたかの様に思っていたのですが、7 月の1 8、1 9、2 0日でメダカの半断食に参加して以来、再び顔がだんだんとひどい状態になっていき、6 ヶ月間の( ステロイドを止めた) 出かたとは全く違う出方になり、顔が赤くはれ上がりパンパンで、目も開けにくく、顔に熱を持っていました。ヘルペスも出できました。これは、自分ではどうしたら良いのか不安になり、お盆休みを利用してメダカ生活を1 週間させて頂くことにしました。今は、まぶたほぼ全体が、赤くはれていてカサカサの状態で、ほほは、一部汁がでています。かゆみもわりとあります。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_W10_2R.jpg1 週間という短い間で、どこまで自分の顔が変化し、回復していくのか不安で一杯でしたが、1 週間をとても楽しく過ごすことが出来て、気持ちも明るくなれて、顔のパンパンのはれも赤みも引き安心しました。ここに居る間に、目も普通に開く様になり、今はただ赤みのあった部分が、かさぶたの様に皮膚が生え変わるかの様になっています。そのかさぶたが、つっぱって少々かゆいですが、このかゆみは全く別物のかゆみです。かさぶたの出たのは、やはり目の周りが一番大きくぶ厚いので、最後までしっかり残っていますが、額や頬、口の周りのかさぶたは薄く、ポロポロと取れていきます。無理に取らない様、ゆっくり洗う様に心がけていきたいです。家で一人で会社も休みがちになりながら、アトピーと向き合っていた時よりも、心も楽になって、ここに連れて来て頂いた池内さんに、心から感謝しています。先生からの一言一言のアドバイスや話して頂いたお話を忘れないで、これからもまた、アトピーが出て来た時の対処にしていきたいと思います。本当に色々とお世話になりありがとうございました。このメダカの環境、食事、先生、仲村さんスタッフの皆様全てが大好きでした。

愛知県 N・Y

LinkIconページトップへ

メダカの学校での食材、水、空気等、全て を含む環境の素晴らしさを、今改めて痛切に感じています

メダカの学校を知る前

Taiken_W07_1R.jpg昨年からの過労と心労と外食が祟って、今年の2月に本格的に体調を崩してしまいました。当然のことながら、免疫力が低下し、私の場合は病状が、皮膚疾患として目の上の乾燥から始まり、徐々に拡大し一週間の内に、目の周囲が真っ赤に腫れ上がってしまいました。 内蔵が悲鳴を上げていたのだと思います。精神的にも不安定になっていたのでキチッとした判断力も欠落してしまい、つい目の前にある鏡に映る症状を消したいがために、皮膚科に行ってきました。ステロイドの軟膏と飲み薬を三日分出され、指示に従いました。待って一時間、診察三分で「食事!関係ないですよ!」ガクッとしながらも、「なんとか早く綺麗にならないと!」と焦っていました。 息子のアレルギーを母乳育児で改善し、マクロビオティック&正食の勉強をしてきた自分が・・・??悪夢としか言い様のない状況の真っ只中に立たされてしまいました。ステロイドを三日間塗って飲んで、改善し、又一週間経って、ジワジワ赤くなって、又二日間塗って、改善し、又一週間経って、ジワジワ赤くなって、一日塗って、を繰り返している内に顔全体が、何となく過敏になってマスクを付けてもヒリヒリする様になって、初めの症状が出た時点から改善につとめた食事の効果が出始め、一ヶ月たって体調が戻りつつあるのを実感してきた事で、自分の状況を見つめなおすことが出来る様になってきました。皮膚科で受診してから一ヶ月後の忘れもしない3月13日、病院で出されたすべての軟膏、保湿剤等を手放した日に、私はお化け?いいえ、化け物になりました!顔全体が腫れ上がり、目は半開き、朱肉を顔に塗りたくった様でした。痒いの痒くないのと言ったら、まるで蟻の大群が好き勝手に噛み付きながら大運動会を開催して、昼夜問わず駆けめぐっているかの様な状態でした。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_W07_2R.jpg直ぐにメダカの学校(以前からチョコチョコ遊びに行っていました)に電話しました。一日中水の中に顔を漬けておきたいという様な気分の中、19日にメダカの学校に駆け込みました。帽子を深く被りサングラスをかけ、口周りをマフラーで隠してやっとの思いで堂場にたどり着くことができました。着くやいなや、「何その顔!なんでOさんが!」と大笑いされ、軽くあしらわれた事で気持ちが楽になったのか、その晩から何となく痒みが軽減して来たように感じられました.。メダカの学校での食材、水、空気等、全てを含む環境の素晴らしさを、今改めて痛切に感じています。メダカと繋がっていた事が、私にとっての宝だったのでは無いかと思うほど、感謝の気持ちで一杯です。水一つ取っても、自宅で浄水器を通した水で顔を洗った時のピリピリ感はありませんし、雑草にうもれた可哀想になるくらいのホウレン草でも、その甘味たるや今まで食べたことのないような深いものです。 私たちが過去に置き忘れてきてしまった、日本人にとって大切にしてきた自然と調和した生活が、メダカの学校にありました。メダカにいると治癒が早まるのも納得します。

兵庫県 O・R

LinkIconページトップへ

苦しみの絶望から「アトピーが治る」という『希望』は衝撃でした。

メダカの学校を知る前

Taiken_m04_1R.jpg私は2010年5月1日にメダカの学校に入学しました。当時、アトピー以外にうつも患っていた私は、何に対しても無気力でした。ある日、両親に「明日、アトピーを治せる場所があるからそこに連れて行くよ」と言われ、無気力だった私は、何も聞き返す気力もなく一言「わかった」で、翌朝に両親に連れてこられたのがメダカの学校でした。 以前にアトピーの治し方を独自で調べ、アトピーを治すには自然な食品と生活によって体の内側を改善しないといけないと解り、次に日本の食品とアトピーに携わる医者について調べました。これは今から10年程前のことですが、その時は自分が思ったような食料、医療が探しても見つからずに失望してしまいました。難しい治療法ではないと思うのに何故それが行われていないのか調べた結果、この国の食品・薬品・医療への考え方が、国民の健康よりも経済と一部の人間の利権のために作られたと言っても過言でない状況が見えてきました。そしてアトピーを治すことをあきらめてしまい、他のアトピーの皆さんも経験したと思われる、心無い差別、努力したくてもすぐ限界になる体への落胆、醜い容姿、これが一生続くのかと思い絶望してしまいました。でもメダカの学校に来て出会うことができたのが「アトピーが治る」という『希望』で、それは私にとっては衝撃でした。

Taiken_m04_2R.jpgメダカの学校は、本当に自分で学ぶ『学校』であって、お金を支払う代わりに治してもらう病院とは違います。ですから私は、遠藤先生や堂場生の先輩、卒業生の方々に積極的に話を聞くように勉強しました。これは2ヶ月、滞在している中で本当に重要だと私は感じました。とはいっても遠藤さんは講師のように改まって何かを説いたりはしなかったと思います。むしろ日常会話の中で、誰かの成功や失敗の経験談をしばしば話されるので、そこから私は学べました。 最初のうち、私はその談話の中にあるアトピーを治すのに必要な心を持つための鍵をだいぶ見逃していたかもしれません。ある頃から、アトピーを治すのに心の状態も重要だとわかり始め、遠藤さんが話される色々な人の経験談を自分にあてはめて聞く、ようにしたら、自分に足りていなかった事や、やった方が良い事、注意すべきことなど沢山見えてきました。回復は最大の速さになりました。その後は安定した回復傾向で、とても充実した堂場生活を楽しめました。 メダカの学校では、自分が通ったどの学校よりも、生きていくのに大切なことを教わったと思います。一日20個のクスリをやめることができ、今は、しっかり社会復帰が出来ています

岐阜県 M・Y

LinkIconページトップへ

親子3人アトピーで、夜も眠れず、笑顔が消えていたのが、今は笑顔いっぱいピカピカです。

メダカの学校を知る前

Taiken_W06_1R.jpg親子ともども夜は眠れず、顔はパンパンに赤くはれ上がり、腕もパンパン上半身真っ赤っか。かゆみ、痛み、耳や首から汁が出て、腕の数ヶ所からふくれた丘のようなものができてくる。次は皮膚の乾燥。ポロポロと皮が出来ては、かきむしり、落ちては出来て、かきむしる、のくりかえし。寝付けない。夜は特にかゆく、風呂上がりは地獄、布団に入っても3時間はかいて寝れず、寝ても2時間くらいでかゆくて目が覚めて、布団の中だと体から出る熱気みたいなものが気持ち悪く、寝られなかった。(娘)顔の髪のはえぎわの辺り、帯状に赤み肌。ガサガサした感じ(生後8ヶ月〜)体は腕とお腹、足にもんもんした斑点の赤み、赤ちゃん特有のモチモチした肌ではなく乾燥していてガサガサ肌。時折服の上から自分で体をかくし、かゆそうにうなる。きげんも常に悪い。夜はかゆくて泣き、寝返りをバタバタし、眠れない日々を過ごしていた。 メダカに来る少し前にホメオパシー治療もしていました。何もやる気が出なくなり、パジャマから服に着替えるのもおっくうに。かゆくても食事の用意や最低限の家事が出来る頃は良かったのですが、症状がひどくなってきて、一日中体をかいている生活になると身の回りの事、娘の事まで困難になり、実家におせわになりました。ただただ毎日かゆみとやり過ごす日々で、ゴロゴロしっぱなし。体が寒いこともあって外にも出ず、食べてばかりいました。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_W06_2R.jpg娘はメダカに来てすぐ(1〜2週間)に症状がなくなりました。今はツルツルもちもち肌に。機嫌もいつもよくニコニコしています。夜も泣くのはおっぱいの時だけ。 私の方は顔の赤みも取れ、体の赤みも取れ、汁もでなくなりました。特にひどかった腕もまだかゆみはありますが、かいてもかさぶたになるように、日中は気にならなくなりました。あれほど乾燥していた皮膚もこんな肌らしい肌を見るのも触れるのは久しぶり!!って感じの新しい皮膚が生まれてきてくれました。メダカに来て2ヶ月の共同生活。いろんな堂場生との触れ合いの中で気づきが沢山できました。そしてこの緑いっぱいのメダカで散歩したり、草むしりしたり、ただぼーっとしたりしていると、日に日に縮こまっていた心と体が柔らかく広がっていくのを感じました。卒業してからの生活パターン、思考パターンを変えていかないとアトピーは完治しないなと思います。メダカに、アトピーに、自然に「ありがとう」です。自分に向き合って、とてもしんどかったけど感謝しかありません。 それから毎日おいしい食事をありがとうございました。無農薬の玄米、野菜、甘かった〜☆子育てのアドバイスもこれからとても心強いです。娘の水ぼうそう、私のヘルペスとご迷惑、ご心配をおかけしました。それもきれいになりました。 その後二人目を妊娠、出産。生後3ヶ月からアトピーが出始めましたが、メダカの学校に再びお世話になり、親子3人ピカピカになりました。お世話になり本当にありがとうございました。また元気で会いに来ます。ここに来ることができて幸せものです。

京都府 H・M

LinkIconページトップへ

親子共々ピカピカになりました

メダカの学校を知る前

Taiken_W13_1R.jpgw1303-12R.jpg
腕と脇腹にグジュグジュと盛り上がった斑点状の炎症が広がり、触れるのもお風呂に入れるのも怖かったです。肌着は浸出液で皮膚にくっついてしまい、痛々しくて見ていられませんでした。夜も痒くて眠れず、一晩中おっぱいをあげてなんとか痒みを紛らわして寝かせていました。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_W13_2R.jpgw1307-22R.jpg
1週間目・・グジュグジュだった腕やお腹は重度のアトピーの方もいる堂場生の中でも一番酷い状態でした。
3週間目・・、あっという間に炎症が治まり、キレイな肌になりました、そこから体の変化と心身の成長は目覚ましいものがありました。
・ずっと抱っこをして母親がいないとすぐに泣いていましたが、自分からハイハイをして堂場中を駆け巡り、いろんなものに興味を示すように
・便秘気味だったのが1日2~3回多いときは4回も便が出る
・なかなか食べてくれず困っていたのがウソの様にモリモリと食べる。嫌いだった食材や青汁も食べられるようになる
・教えれば何でもすぐに覚えて、言葉も理解するようになる
4週間目・・一番酷かった二の腕もかさぶた状態になり痒がることも少なくなりました。
メダカには何かに導かれた人が出会うことが出来るように思います。たくさんの方の実体験を聞くことができ、とても励みになりました。また今回一緒に生活させていただいた堂場生の皆さん。毎日励ましあい、笑いあいながら食卓を囲み、みんなの回復が日々うれしくて一つの家族のようでした。ありがとうございました。

新潟県 S・T

LinkIconページトップへ

新しい命を頂き生まれ変った自分になれました

メダカの学校を知る前

Taiken_W08_1R.jpg生後すぐから20 年間ステロイドを塗り続け、約10年程前にステロイド治療を一切やめ、漢方治療に変更し途中針治療、温泉療法等いろいろ試してきましたが、少し改善する事はあってもなかなか完治の道が開けず、いろいろ勉強していく中で、やはり食の大切さも学び、自己流で少食療法もし、ある程度のところまで改善はしていたのに、また、仕事のストレスから乱れた食生活に逆戻りする生活を送っているうちに、みるみるアトピーは悪化していき、全身が黒くなっていきました。自分の食べている物が自分の血となり、体を作っていることは頭では理解しているつもりではいるのに、一度食べ始めた勢いが止まらず、自分をコントロールすることができなくなってしまっていました。そんな折、インターネットでメダカの学校を知り、すぐに電話をして、すぐにおいでと言っていただき、堂場に入らせていただく事ができました。 ステロイドを塗っていた20年間は季節の変わり目等には少し悪化するがそれなりに普通の生活を送っていましたが、脱ステしてからの10年間はアトピーを中心に、自分の生活がまわっていました。悪化すれば仕事もままならず、心も体もボロボロになっていくし。いつになっても出口の見えないトンネルの中をさまよっているような日々でした。メダカの学校に来る前にステロイドを使わないで入院治療をしていると言われていた病院を訪ねてみると、結局はステロイドを一旦使ってから治すという話を聞き、絶望的な気持ちでいましたが、メダカの学校のホームページを見つけたときには、もうここしかない、と思いました。

メダカの学校で学んだ事

Taiken_W08_2R.jpgメダカに来てびっくりしたことは、胃が痛くて食事をほんの少ししか食べる事が出来なかったのが、3日目から痛みが止まり、今では食べ過ぎるぐらい食べても痛みがなくなりました。また、3日目にはそれまでずっと止まっていた生理が始まって驚きました。そして堂場で過ごす間に新しい命を頂き生まれ変わった自分になれました。一人ぼっちで出口の見えない真っ暗なトンネルの中を歩いていた日々から、こんなにもキラキラ輝く日々に連れ出していただけて嬉しいです。自分に一番欠けていたのは、人の話を心から素直に聞いてみるという心だったと思います。その事に気付いた時から私のアトピーはみるみる治り始めていきました。逆にそれに気付けなかったら、きっと、一生、アトピーは治らなかったのではないかと思います。それを気づかせてくれたのはメダカの学校でした。アトピーになって生きている事があれ程まで辛かった自分が、地獄のような苦しみを味わったからこそアトピーが治った今、毎日がこれ程まで楽しくて幸せなら、生きていて良かったと本当に心から思える毎日です。 お料理したり、掃除や洗濯から畑の水やりなど堂場生達と楽しく毎日を過ごしている間に、気がつけばアトピーも治っていました。花嫁修業もできてピカピカになりました

大阪府 H・M

LinkIconページトップへ

たった11日間でこんなにピカピカになりました

メダカの学校を知る前

w1404-1R.jpgw1402-22R.jpg
私は前職美容師をしていました。シャンプー、カラー剤、パーマ液という化学物質に囲まれた空間、食事は不規則なあげく夜遅くの過食。こんな生活では内臓も皮膚もボロボロになって当たり前でした。

メダカの学校で学んだ事

w1401-2R.jpgw1405-12R.jpg
1日目に車でメダカの学校へ坂を下ってきただけなのに外の空気がとってもすがすがしく思わず窓を開けて深呼吸してしまうくらい不思議なパワーを感じました。そしていつものクセで手を無意識でかいていたのが、ここにきてなぜだかかゆみが落ち着き、いつもパンパンで動かしづらかった手首が曲げやすくなっていました。この場所にいるだけなのに、なんてすごいんだ!!と感じました。
毎朝、食堂では「昨日は眠れた?かゆみはどうだ?」と常に気遣ってくれる先生の優しさと笑顔「絶対間違いなくやっていればアトピーは治るから!!」とすっぱり言い切ってくださる安心感、私が帰る2日前に突然熱を出してしまった日の夜には何度も部屋に顔を出して下さり、気遣って色々してくださった時、先生がいてくれるから絶対大丈夫だ、と感じ、翌朝にはすっかり熱も下がってびっくり!!先生のなんとも言えない包容力とパワーに包まれ、癒されました。
本当にここでの短い期間でしたが、日に日に自分の身体の“変化”と“感謝”の気持ちと、色んな“気付き”を学ばせていただきました。
夢のような癒しの11日間をありがとうございました!!そして、この気持ちと体験を 一人でも多くの方やアトピーで悩んでいる人たちに伝えたいです!!感謝

新潟県 Y・H

LinkIconページトップへ

アトピーはもちろん年中続いた咳までとまり元気いっぱいです

メダカの学校を知る前

私は、息子(現在5歳)が生まれてアトピー性皮膚炎だと知るまで,、人間の体が食べ物でできているなんて真剣に考えた事もありませんでした。 毎晩顔や首をかきぐっすり眠れない息子。朝起きると真っ赤になり血だらけで・・・。一人目の子育てで、私もいろいろと試してみました。皮膚科でいただいたステロイドの塗り薬はすぐにピカピカになるけれど、使用しないとまた、顔や首が赤くなりのくり返しでした。ステロイドは、あまりよくないと聞いたので、石けんを変えてみたり、自然食品を取り入れたりいろいろ試してみました。年齢が増えるとともに体力もついたためか、症状はよくなっていましたが、まだ時々夜中にかゆがったり、赤くなったりして私自身どうすればこの子の体はよくなるんだろう?と悩んでいました。

メダカの学校との出会い

そんな時、メダカさんに出会って食べる物(口に入れる物)、体につける物がどれだけ大切かを教えていただき少しずつ実行していきました。すると、息子のかゆがっているのも一週間すると治まり、皮膚もきれいになりました。時々症状(以前に比べるとすごく軽い)が出てもすぐに治まるようになっています。 娘(現在2歳)は1歳の頃から体重が7キロのまま増えなかったのがメダカさんに出会って半年で2キロも増え、熱も出さなくなり、毎日元気いっぱいです。それと、私自身10年以上付き合ってきた花粉症が今年はとても軽くすみ、元気な子どもたちと毎日、外で走り回って過ごすことができうれしく思っています

メダカの学校で学んだこと

Taiken_W04_2R.jpgメダカさんに出会って、食べ物で生かされている事はもちろん、私の心の根っこの部分にあるものに気づかされ、子どもたちの症状も良くなった気がします。人と地球はつながっているんだなと、子育てをしながら教えていただいています。

香川県 I・A

LinkIconページトップへ

内臓がボロボロでしたが全部良くなりました。ピカピカです

メダカの学校を知る前

両親もアレルギー体質で私も生まれつき肌と腸が弱く23歳になった時、皮膚科でアトピーと診断されステロイド軟膏と服薬を処方されました。18歳で胃潰瘍、20歳で腰椎間板ヘルニア、21歳で子宮内膜症、月経困難症、22歳で腎炎、膀胱炎をくりかえし血尿がときどきあり22歳で糖尿、白内障になる24歳で肝機能障害と診断され貧血もひどくなり体温も34.8度から35度が平熱、血圧は上が140下は90と高血圧小さい頃から肥満で視力は右目0.1左目0.4乱視遠視がありメガネとコンタクトを併用しても両目で0.7しか見えない。 その後も甲状腺パセドウ病、メニエル病、耳鳴り、乳腺炎、若年性更年期障害と数ヶ所の病院で治療薬を毎月処方され医師の指示どおりに服用するが、だんだん薬が効かなくなり限界を感じ副作用の苦しさを知り、少しでも副作用の少ない物をと漢方薬、サプリメントを試すが治ることも緩和されることもなく、治らない病、副作用、痛み痒み今後の不安による不眠、何百万かけても良くならなく人生に絶望し死ぬことばかり考えるようになっていった。仕事にも行けない毎日の通院、こんな体では結婚も出来ないし人と同じ生活すら出来ない、一生病院と薬と次々と壊れる体で生きていきたくないと悲しみの日々でした。

メダカの学校との出会い

歩行困難になった時に初めて行った整体院でメダカの学校を教えてもらい自然療法でアトピーを克服した人が多くいる事を知り早速体験者に合い、堂場が無かったので自宅での食生活の改善と薬をやめる、ただそれだけのシンプルな事だと聞いて薬でおさえるだけではなく、何も変化のないサプリメントを飲むだけではない、日本食を手作りをする事を実践しました。

メダカの学校で学んだこと

Taiken_W05_2R.jpg好きな食べ物が体をボロボロにしていた事、インスタントや簡単な食事を選ぶ事が命を縮めることを学び6ヶ月の間今までとガラリと変化のある食生活を続けた結果アトピーが消えて腰以外の病気もすべて治った現実、人生あきらめなくて良かった、メダカの学校との出会いは生きる勇気をもらいました。正直こんな簡単な事で病気を克服できて薬にたよらない普通の生活が送れると思ってもみなかったので普通に戻れたこと、自然治癒力を引き出す方法や農薬や化学物質の体内への影響、自分には未知な事ばかりでした。
多くの病を経験し普通に生活出来るって幸せと気付きました、メダカの学校との出会いで命の選択ができ第二の人生をアトピーと付き合わなくてよくなり感謝でいっぱいです。アトピーで人生諦めて苦しんでいる人達へ未来への道の選択はメダカの学校にある!と伝えたいです。メダカの学校の取り組みは最先端の予防医学だと思っています。アトピーがひどいときの写真は残っていませんが、今の写真を見ていただけば全てわかると思います

愛知県 T・A

LinkIconページトップへ